個人事業主で成功するためのコツ

個人事業主になったからといって、直ぐに仕事が軌道に乗って上手く行く人間は非常に少ない。
それどころか結局生活が立ちゆかず、また会社勤めに戻る人間も非常に多くいる。
個人事業主として成功させるためのコツは、サラリーマン時代にどんな根回しをしていたかで非常に大きく左右されるのである。
では実際の行動から心構えまで、個人事業主になる前に何をやっておけばいいのだろうか。

まずは資金を貯めておくことである。事務所を構えたり、人を雇う、備品を買うとどうしても初期投資は必要になる場合が多い。
直ぐに仕事が入らない場合を見越して貯金は最低半年分は持っておくべきである。
また安定した仕事を得るため会社員時代から得意先を作っておくのも必須である。
会社の看板で客をとったのではなく、自分という個人を信用して仕事をくれる取引先、安定して仕事をくれるような取引先があれば最低限の収入は見込める。
そこにはもちろん会社員時代以上にクオリティの高い仕事を提供することは必須である。

また会社員時代に副業を実際に個人でどれくらい稼げるか、客を獲得できるかを試しておくのも心構えを磨くのには良い。
副業で仕事を募集して客とのやり取りはどうやるのか、仕事はどれくらいの速さでこなせるのかなどイメージを磨くのに非常に役に立つ。
そして何よりも慌てないことである。
最初から個人で仕事をしてうまくいく人間はほとんど居ない。
それを意識して焦らず、また人と人とのつながりをきちんと構築し、フリーランスの仲間などを作っておくと相談もできて、精神的な安定にも繋がる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です